夫の理解が得られない…。旦那様に伝えたいブライダルエステの必要性と重要性について

夫婦
こんにちは。
エステティシャンの花田です。

結婚式を行うことが決まり、その後は式本番に向けてドレスを見たり、試着したりしますが、その時に気になるのが普段あらわになることが少ない部位ですよね。
例えば「背中」「うなじ」「デコルテ」等、普段あまり見られることがないからこそ、一生に一度の式のためにしっかりと手をかけておきたいです。

そうなった場合、一番力になれるのがブライダルエステです。
ただ、行きたい!と思ってもなかなか難しい場合があります。
中には、結婚式に向けて綺麗になりたい、という女心をなかなか分かってくれない旦那様もいらっしゃいます。

実際に私がカウンセリングをした中でも、そういったお悩みを抱える方が多いように感じます。

具体的に理解が得られないのはどんな場合?

旦那様の理解が得られないのは、特に金銭面でのことが大きいです。

まず「お金がかかるからブライダルエステは必要ない」といわれてしまって通えない方。
そしてブライダルエステには通うことはできたとしても、エステにかけられる金額の上限が低いという方も多いです。

実際に私がカウンセリングをして予算を聞いてみると「夫と相談して5万円までなら…」と答える方がいらっしゃいます。
5万円前後でも、トータル的にドレスから見える部分をケアすることは出来るのですが、正直なところ施術の回数はかなり限られてしまいます。
ひとつの目標に向けて、しっかりと結果を出すためには最低でも10万円前後は見ておきたいところです。

カウンセリングの際にはその旨を伝えるのですが、旦那様と相談の上…となって結局その後サロンにいらっしゃらない方も中にはいらっしゃいました。
「一生に一度の舞台なのにもったいないなぁ…」というのが本音です。

旦那様に内緒で来ている人もいる

あとは、旦那様に内緒でブライダルエステに通っている花嫁様もいらっしゃいました。

そうした方の場合には、ブライダルエステにかける予算は全て自分で負担していたようです。
金額の自由度があって良いですが、ブライダルエステに通って綺麗になった、ということを旦那様に言えないというジレンマもあるようでした。

金額とそれに見合う効果を実感したうえでよく話し合いを

話し合う男女
繰り返しになりますが、結婚式は一生に一度ですし、写真も一生残ります。
なので私個人としては、主役である花嫁様には最高に美しい状態で幸せな結婚式を迎えてほしいです。

ただ、旦那様の理解が得られなくてブライダルエステに通いづらい方がいる…ということもよおく分かっています。

そこで、もし旦那様の理解が得られない場合に、どのように説明したら良いのかをこれまでの経験の中からご紹介しますね。
次の3つのポイントを交えて説明すれば、比較的理解してもらえるように思います。

  1. 結婚式というゴールが決まっているからダラダラ通うわけではない
  2. 「気になる部位」「金額」「得られる効果」を具体的に話す
  3. 旦那様側のゲストも来るから、綺麗な花嫁でいたい

男性の場合は、「何のために通って、どんな効果が得られるのか」という点をハッキリと伝えてあげると理解してもらいやすいようです。
またもちろん金額も重要にはなりますが、金額については具体的な見積もりがあった方が、旦那様もブライダルエステのことを理解しやすいようです。

そのため、まずは自分が行いたいことを決め、見積もりを取ったうえで説明されると良いでしょう。

見積もりは、各サロンが行っている体験に行くと、結婚式までのスケジュールとあわせて詳しく説明してもらえますよ。
もし、ブライダルエステの必要性を旦那様になかなか理解してもらえないような場合には、体験で効果を実感し、しっかりと見積もりを取ってお話しされてみてくださいね!


関連記事